ジャシンダ・アダーンNZ首相 ① 生い立ちから首相となるまで

Kia ora

今年10月の総選挙で圧倒的な強さで労働党を勝利に導き、首相として二期目を迎えているジャシンダ・アダーン。

つい先日、ニュージーランドは最善のコロナウィルス対策を図った国として、世界各国のメディアでアダーン首相の手腕が絶賛されていました。

NZ国内の世論調査においても、国民の88%が政府のコロナウィルス対策を信頼していると、驚くべき結果が出ています。

ジャシンダ・アダーン首相が国民から絶大といってもいいほどの高い信頼を受ける理由に、彼女の明瞭なコミュニュケーション能力と、国民から共感を得る能力に長けているからだと言われます。

また、アダーン首相は、任期中に出産、育児休暇取得した後任務を続けるなど、近代の働く女性の理想像としても高い支持を得ています。

今回は、そのアダーン首相の生い立ちから首相となるまでの道のり、それから現在の家族について紹介します。

生い立ち

1980年7月26日、ベイ・オブ・プレンティのムルパラのモルモン教徒の家庭に次女として生まれる
父親は警察官。(現在は外交官として南洋諸島の事情に携る)。

ムルパラ ( Murupara ) は、ウルエラ国立公園 ( Te Uruera National Park ) に隣接する森林地帯に位置し、失業率が高く、またギャングが行脚する所としても知られていてる。

1985年、5歳の時に父親が外務省付きで南洋諸島に駐在する任務に就いたのを機に、ハミルトン郊外のモーニンズビルへ引っ越す。
地元のモーニンズビル高校( Morninsville College )に通い、学校の理事会の生徒代表を務める傍ら、近所のフィッシュアンドチップス屋で初めてのアルバイトに就く。

1997年、貧困層の人々を救いたい一心で労働党に入党。労働党青少年の部のリーダー的な存在となる
また叔母からの誘いで、地元の労働党の政治家の総選挙出馬キャンペーンを手伝う。

2001年、ワイカト大学を卒業。政治コミュニケーション学の学位を取得。
労働党のフィル・ゴフや当時の首相ヘレン・クラークの事務所で研究員として働く。

2005年、ニューヨークに渡り、スープ・キッチン(浮浪者に無料で食事を提供する所)でボランティアとして働きながら、労働者の権利のキャンペーンに携わる。
その後ロンドンに移り、当時首相トニー・ブレア下で働く。イギリス内務省のイギリス国内政策にも関わった。

同年、同性愛/同性婚に排他的なモルモン教に異議を唱え、教会から脱会する。

2008年、国際社会主義組合の青年の部の長に選ばれ、中近東や中国を回る。

政治家としての道のり

2008年、総選挙で労働党の候補に選ばれNZに帰国。
歴史的に国民党が優勢のワイカト地方で13,000票もの大差で負ける。
が、労働党の選挙議員の上位としてリストされていた為、比例代表制により議員に選出される。

この時28歳、NZ最年少の政治家となる。
同時に政権が労働党から国民党に変わる。

国会参上の初スピーチで、ニュージーランドの学校でマオリ語を必須化、地球温暖化現象対策を取ることを述べる

2011年、総選挙でオークランドの選挙区から立候補するが、またしても国民党相手に700票差で負け、比例代表制で議員となる。

© Nevada Halbert via Flickr

労働党内において、支持したディビッド・シェアラーが党首になったことから、ソーシャル・デベロップメントの広報部門の担当に引き立てられる。

2014年、再度オークランドの選挙区から立候補し、今度は600票差で負ける。そして比例代表制で再び議員となる。
アート文化遺産、子供、司法、ビジネスなどの広報担当となる。

首相となる

2017年、総選挙が半年後に迫った3月に副党首の辞任により後を継ぎ副党首となる。
そして8月には、低迷する労働党の責任を取って党首のアンドリュー・リトルが辞任し、代わりに37歳のアダーンが最年少の党首となる。

アダーンが党首となるや否や一般からの党への寄付金が集まり、ピーク時には1分間に700ドルの割合でお金が集まる。

アダーンは、大学費用の無料化、移民数の制限、中絶擁護、子供の貧困軽減を提唱し、その中でも特に、社会の中で過小評価されている人々を平等にすることを強く訴える。

アダーンの溌溂として人懐っいながらも芯の強い性格や、カリスマ性、ポジティブな態度は、たちまち女性や若い世代を中心に票を集める。

Jacinda Ardern at Auckland University in 2017 © Ulysse Bellier via Flickr

 © Ulysse Bellier via Flickr

アダーンの人気は急上昇し、ロックスター・ポリティシャンと称された。

国外のマスコミでも好意的に取り上げられ、アメリカのCNNはジャシンダラマ(ジャシンダ現象)とコメントし、世界でも注目を集めることになった。

また、記者会見の席で、一人の記者が「国民は、時期首相候補が出産の為任務から外れる可能性があるかどうか知る権利がある」と発言した事に対し、アダーンは、「私自身はその質問に答えることにしたが、現代において、女性が職場でこのような質問に回答する社会であってはならない。子供をいつ作るかは女性自身が決めることであって、雇用の機会によって決められるべきではない」と断固と回答。

これによりフェミニズムの象徴としても謳われることになった。


キャンペーン中、資本利得税の導入を唱えるが猛烈な反対にあり、導入は2020年まで持ち越すと変更する。

こうして労働党の支持率は史上最悪だった24%から43%まで上昇する。

その結果、9月23日の総選挙では、労働党は議席を14席伸ばし46席得る。
(ナショナル党は56席)。

協議の結果、グリーン党に加えて、NZファースト党も労働党と連合する事を決め、労働党は連立内閣に成功。
党首であるジャシンダ・アダーンは首相となる。この時37歳。世界で史上最年少の女性の首相となる。ニュージーランドでは歴代3人目の女性の首相。

Swearing of new Cabinet Jacinda Ardern 2 2017 from Wikimedia Commons

カナダのジャスティン・トゥルドー首相やフランスのエマニュエル・マクロン大統領と並び、アメリカ大統領ドナルド・トランプ大統領の対抗馬と呼ばれ、「Vogue」誌でグラビアを飾った。また 「Time」誌では最も影響力のある人のリストのトップ100に入り、Facebookの最高執行責任者であるシェリル・サンドバーグから、政治界の神童として絶賛された。

2020年10月の総選挙では地滑り的な勝利で労働党が政権を継続。アダーン首相の二期目が始まる。

家族( パートナーと娘 )

Clarke Gayford from Wikimedia Commons

2012年 議員として二期目、イベントの席で友人を通じてMCを務めていた*クラーク・ゲイフォード(Gayford)に紹介される。アダーンはこの時「次期首相」として紹介されたが、ゲイフォードは全くたじろぐことがなかったという。
この翌年ゲイフォードが選挙のことで面会する。そこから二人は意気投合しパートナーとしての関係に発展する。

*クラーク・ゲイフォード
(Clarke Timothy Gayford)
1976年10月24日ギズボーンに生まれる。無類の釣り好きで、10歳になるころにはNZの魚をラテン語とマオリ語でも覚えていた。
クライストチャーチの専門学校で報道を学んだ後に、ラジオのパーソナリティや旅行番組のガイドの仕事をする傍ら釣りに興じた。自身が制作した釣り番組はナショナル・ジオグラフィックを通して35ヶ国で報道され、数々の賞を受賞。
ちなみに、アダーンにとって初の釣り体験となるデートでは、鯨やイルカがボートから見え、またアダーンは5.5㎏の鯛を釣り上げたという

2018年 首相となった翌年に娘、ニーブ・テアロハ・アダーン・ゲイフォード( * Neve Te Aroha Ardern Gayford )を出産。
半年の育児休暇後、首相の任務に戻る。

* Neve Te Aroha
Neve はアイルランドの伝統的な女の子の名前Niamhの綴りを簡単にしたもの。Arohaはマオリ語で愛という意味がある。

最後に。
ここまで、アダーン首相の生い立ちや家族などプライベートの部分を中心に紹介していきました。
首相としての手腕については別の記事で挙げていく予定です。
ご期待のほどを。

Ngā mihi
Wonderer

掲載内容の出典元
https://en.wikipedia.org/wiki/Main_Page
https://www.britannica.com/biography/Jacinda-Ardern
https://www.stuff.co.nz/entertainment/celebrities/103523415/jacinda-ardern-was-another-mans-date-the-first-time-she-met-clarke-gayford

 

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

1997年にNZに渡航。以来住み心地がよく現在に至る。旅行、ホテル業界を経て現在は教育業界に従事。 趣味は、ガーデニング、アートと映画鑑賞、夏のキャンプ旅行。 パートナーと中学生娘とウェリントン在住。