抒情詩映画「ミナリ」★★★★★

Kia ora

今回の映画評は、アメリカの田舎で新境地を開拓する若い韓国人の家族を描いた「 ミナリ ( 原題 :  Minari )   」です。

家族愛とは何かを追求したこの「 ミナリ 」は、人間の心の機微が切ない程に抒情的に描写されています。

経済的な安定を求め映画製作をあきらめる事を決意したリー・アンザック・チャング ( Lee Issac Chung ) 監督が、これを最後にと全身全霊を込めて書いた脚本に、俳優のブラッド・ピット(Brad Pitt ) が惚れ込み、彼がマネジメントするPlanB という制作会社の協力で映画化されました。

その甲斐あって、2020年サンダンス映画祭でグランプリに輝いて以来数々の賞を受賞し、映画評論家の間からは絶賛を浴びています。
最近では映えあるゴールデン・グローブ賞の外国語部門賞を受賞しました。

日本では Toho シネマ系で3月19日より公開予定です。

あらすじ

1980年アメリカのアーカンソー州の片田舎に、韓国人移民の一家が引っ越します。着いた先は、荒れ地とトレナーに乗った家屋だけ。
夫のジェイコブは、10年間地道に働いて得た少しばかりの蓄えをはたいて、農業を成功させる夢を実現させようと息巻いていますが、妻のモニカには不安と不便な生活への不満がつきまといます。
そんな田舎の生活にも2人の子供たちは順応し、そして風変わりなモニカの母親も加わり、いつしかモニカにも希望が見えてきます。
が、農業の現実は厳しく困難が立ちはだかり、そしてある日思わぬ出来事が起こってしまいます。

感想


父親ジェイコブ役の Steven Yeun ( スティーヴン・ユァン ) は、映画「 Burning ( 村上春樹原作) 」で、ミステリアスな好青年を演じ強い存在感もつ俳優としてとても印象的でしたが、この「 ミナリ 」では、農業に夢をかける一家の大黒柱を感情を更にギリギリまで抑えて演技。俳優としての才能を申し分なく証明しています。特に、結末の部分で夫婦で話し合いをした際の妻のモニカへ見せた表情は忘れがたいものがありました。

そして妻モニカ役の Yeri Han ( ハン・イェリ ) は、不安な気持ちに苛まれながらも夫を心配し辛抱強く支持する妻、そして幼い子供たちの良き母親を楚々としながらも見事に演じています。強い意志が秘められた目がとても印象的で、将来とても頼もしい女優です。

この主演の二人の他にも、二人の子供や祖母、そして農業を手伝うアメリカ人のポールなど脇役陣の一人ひとりが個性を活かした素晴らしい演技で、それがこの映画を最初から最後までだれる事無く引き締めています。

映画のタイトルの「ミナリ」は、韓国語で香味野菜のセリ(芹)を指すそうです。
日本では春の七草の一つとして知られているセリは、古くは奈良時代から食用とし用いられ、水際に根を張って自生繁殖し、二度目の旬を迎えた頃が最も美味と言われています。

異国の地で慣れない生活にとまどいながらも、家族を思いひっそりと生活する移民はまさしくセリそのものと言っていいかもしれません。

人生には大小様々な困難がつきまといます。が、たいていは、こうして家族生活の日々の中で淡々と乗り越えていくのが人間の営みといものなのでしょう。

昭和ドラマの代表とも言える小津安二郎監督の1953年の作品「東京物語」を思い出しました。

★★★★★

監督・キャスト

● 脚本/監督 : リー・アンザック・チャング ( Lee Issac Chung )


1978年、アメリカ、コロラド州にて韓国人の両親の元に生まれる。幼い時にアーカンソー州リンカーンの郊外に移り住み農場で育つ。
エール大学で生物学を学んでいる間に映画製作にのめり込み、医療の道に進む代わりにユタ大学で映画製作を学ぶ。
2007年「 Munyurangabo 」(日本未公開)で映画デビュー。カンヌ映画祭で絶賛を受ける。
2018年、映画界から引退してユタ大学のアジア校で教鞭を取ることを決意。その前に自分の思いをすべて明かす思いで自叙的な minari の脚本を書く。
現在は、日本のアニメ映画「君の名は」の実写版を撮影中である。

● キャスト
  父親 Jacob 役 – Steven Yeun ( スティーヴン・ユァン ) 

© Gage Skidmore via Flickr

1983年、韓国、ソウルに生まれる。5歳の時に家族でカナダに移住し、その後アメリカ合衆国のミシガン州に移る。学生の時に演劇に目覚め、法律か医療分野に進むことを断念。シカゴに移りアジア系アメリカ人のコメディ劇団に入る。
2010年、アメリカの大ヒットしたテレビドラマ「 Walking Dead」の Glenn Rhee (グレン・リー) を演じ一躍有名になる。2018年、村上春樹の小説をもとにした映画「 Burning 」に主演。優れた演技力が認められ、数々の賞を受賞する。
現在二人の子供がいる。

● モニカ役 – Yeri Han ( ハン・イェリ ) 

 

Ngā mihi
wonderer

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

1997年にNZに渡航。以来住み心地がよく現在に至る。旅行、ホテル業界を経て現在は教育業界に従事。 趣味は、ガーデニング、アートと映画鑑賞、夏のキャンプ旅行。 パートナーと中学生娘とウェリントン在住。