ロトルア紀行 ④ Capers Cafe

Kia  Ora Koutou,

 今回はロトルアの食べ処を紹介します。

観光名所のロトルアはレストランやカフェが街中の歩ける範囲内に並んでいるので、その日の気の向くままに食事処を決めることが至って簡単です。
カフェやレストランの内容も、日本食を初めとするアジア各国の料理や、イタリア、ヨーロッパ、中近東の料理と充実しています。
そして、カジュアルダイニングから本格的な食事まで層も広く(勿論値段は比例しています)、誰もが懐状態に合わせて食を愉しむことができます。

その中でも、特に私がお薦めするのが、Capers というカフェです。ロトルアに行くと毎回必ず訪れています。

Capersは、オーガニックやグルテンフリーなど食材にこだわった質の高い料理を提供しており、地元ではよく知られているカフェです。
勿論、その分値段が他のカフェに比べると高くなりますが、目の玉が飛び出るくらいに高いわけでもなく、私みたいな一般庶民でも気楽に楽しむことができます。店内は、落ち着いた木目調の正統派カフェの雰囲気があって、特別な日にブランチを取るカフェとして申し分ありません。

 

今回私たちがこの Capers を訪れたのがイースター(キリストの復活祭)とあって、店頭のショーウィンドウには うさぎのぬいぐるみが所狭しとディスプレイされていました。店内の陳列棚には、持ち帰る用のデリカッセンの品々。涎が出そうなくらいとても美味いそうです。が、とてもお腹が空いていた私は、Kiwi Breakfastを注文しました。

 


 Kiwi Breakfastは、一般的にトースト、卵、ベーコン、ソーセージ、ハッシュド・ブラウン(じゃがいもで作ったホットケーキみたいなもの)で、卵は好みでいり卵、落とし卵、目玉焼きにしてもらえます。私は目玉焼きで片方だけ半熟状態(sunny side と英語で言います)で頼みました。そして出されたものは、流石!グルメのカフェらしく、トマトやマッシュルームの他、サラダまで添えてあります。お皿も私好みです。そして味は。。。。 うーん、これまで食べたKiwi Breakfast の中で一番美味しい!こうして書いているだけでも思い出して涎が出そうです。

 そしてももう一つこのCapersについて特筆すべきは、バリスターの頭の上に大きな鏡があって、コーヒーが作られている様子が見えることです。衛生管理に自信があるからできることでしょう。ほかの店で見たことはありません。
コーヒー豆も オーガニックのFair  tradeが使うなど、凝っています。
 

この Capers は、ロトルア中心地の Eruera st にあり、ポリネシアン・スパやスーパーマーケットから歩いて数分と、アクセスは簡単です。
営業時間は朝7時から夜 9 時。詳しくはこちらまで。
https://www.capers.co.nz/

Ngā mihi

まだの方は、是非クリックして読んでみて下さいね。

Rotorua 紀行 ② Orakei Korako (オラケイ コラコ) 秘境の間欠泉
ロトルア紀行 ③ The Redwoods – Whakarewarewa Forest
ロトルア紀行 ④ Capers Cafe

ロトルア紀行 ⑤ Le Café De Paris

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

1997年にNZに渡航。以来住み心地がよく現在に至る。旅行、ホテル業界を経て現在は教育業界に従事。 趣味は、ガーデニング、アートと映画鑑賞、夏のキャンプ旅行。 パートナーと中学生娘とウェリントン在住。